RSSRSS 携帯ケイタイに送る プリンタ印刷する

ホームHOMEへ

文化/思想に見る桜 Part1

…私たちの日本の花、すなわちサクラは、その美しい粧(よそお)いの下にとげや毒を隠し持ってはいない。
自然のおもむくままにいつでもその生命を棄てる用意がある。その色合いはけっして華美とはいいがたく、 その淡い香りには飽きることがない。

では、このように美しく、かつはかなく、風のままに散ってしまうこの花、ほんのひとときの香りを放ちつつ、永遠に消え去ってしまうこの花が「大和魂」の典型なのだろうか。
武士道 新渡戸稲造 奈良本辰也訳

●「花は桜木」になったのはいつ?

 今年も桜の季節がやって来た。公園では今まさに満開の桜の木の下で、シートを広げて宴を楽しむ花見客を見ることができる。
 桜は、いつからこれほど日本人に親しまれるようになったのか。
日本書紀には木花咲耶(このはなさくや)*注1という桜の神が登場するが、上代(じょうだい)に花と言えば、唐から渡来した白梅を指した。
 平安時代になると紀友則(きのとものり)が
久方(ひさかた)の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ〔古今和歌集・巻二・春下・84、小倉百人一首収蔵〕
※意訳
こんなにも柔らかな光が降り注ぐ春の日に、はらはらと、どうして桜の花は散っていくのだろう。
と詠み、在原業平(ありわらのなりひら)が
世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし〔古今和歌集・巻一・春上・53〕
※意訳
もしも、この世に桜が存在しなかったら、咲くのにじれ、散るのを惜しむこともなく、春は穏やかな気もちでいられただろうに。
とその心情を表したように、歌の題材として桜が選ばれることが増えて*注2くる。奈良時代の唐風への傾倒に対する反動からか、この時代には国風文化が育つのだ。
 いわゆる十二単の色目の一つである「桜襲(さくらがさ)ね」*注3という、紫または赤に白の薄い衣を重ねて表現した色目も貴族に好んで着用された。
また、「桜尽くし」「桜散らし」などの桜花の文様も時代とともに発展して行き、様々な調度品にあしらわれたという。
『海浜松桜蒔絵硯箱』
『色絵桜樹文皿』
『白綾地桜花扇面散し幔幕文様繍絞り小袖』

●花見の系譜

 812年〈弘仁3年〉嵯峨(さが)天皇神泉苑(しんせんえん)で催した宴を境に、観桜が恒例化していく。
武家が台頭しても風習は引き継がれ、時の為政者は盛大な花見を主催した。中でも、太閤秀吉の醍醐の花見は特に有名である。
『醍醐花見図屏風』
『東山遊楽図屏風』
 時は下って江戸時代には、庶民の娯楽、いや「ハレ」の行事として、今日のような形式*注4の花見が定番になった。
「花の宴 下女蒟蒻に よりをかけ」「髪を結ふ 側で重箱 あけて見せ」には、花見の支度にはずむ今と変わらない女性心理が覗く。
弁当に詰めたのは、ちらし寿司・卵焼き・煮しめ・なます・かまぼこなど。
御殿山の花見と花見弁当
隅田川や御殿山といった花見の名所には、酒・桜餅・てんぷらの屋台も出て、賑わいを見せた。
『江戸御殿山櫻宴之風景』
*注1 木花咲耶
木花之佐久夜・木花開耶とも。海幸彦と山幸彦の母。
*注2 桜が選ばれることが増えて
学者によって数え方が違うものの、万葉集の40首前後が古今集では100首前後に増加。
*注3 桜襲ね
色見本 桜襲ねの色見本
*注4 今日のような形式
群生、群集、飲食。江戸時代に桜の名所とされた上野・吉野山などでは、色々な種類の桜を配して一ヶ月ほど花見ができるようにしたという。

次の記事へ

アルファポリスのバナー

▲このページのトップに戻る