RSSRSS 携帯ケイタイに送る プリンタ印刷する

ホームHOMEへ

◇粋の系譜 魅惑のべっ甲―日本べっ甲史― Part2

●江戸の女性の最大の見栄

 べっ甲が装飾品として女性の憧憬(しょうけい)の的になったのは、江戸時代に入ってからだった。
有名な絵師は髪にあめ色のかんざし笄(こうがい)をさした遊女の図を次々と描き、べっ甲はその飾りの型とともに全国へ広まると、女性の羨望を誘ったのだ。
『当時全盛美人揃扇屋内花扇』喜多川歌麿
『錦絵』 歌川国貞
『仇競今様姿』 渓斎英泉
『江戸名所百人美女 花川戸』 歌川豊国
明暦年中迄は、大名の奥方ならでは、鼈甲は不用、遊女といへども、つげの櫛に鯨の棒かうがいにてすみぬ。
元禄の頃より、世上活達になりて、鼈甲もはやあきて、蒔絵などかゝせ、鼈甲も上品をえらび、価の高下にかゝはるといへども、金二両を極品とす
我衣 加藤史尾庵
※意訳
明暦年間までは大名の奥方以外はべっ甲を使わず、遊女といえどもつげの櫛と鯨の笄で装ったが、世情が華美になった元禄の頃にはただべっ甲をさすだけでは満足できなくなり、蒔絵を描かせたり、高くつくとはいえ、上質のべっ甲を選んだりした。
極上品は二両した。
これによると、元禄には既にべっ甲が珍しくなくなったため、質にこだわり、華やかな装飾をほどこしたものがもてはやされたという。
琉球*注4・大陸渡りの甲羅、ないしべっ甲の半製品は、出島のある長崎から京・大阪に、次いで江戸へ渡った。
工芸もまず長崎にはじまり、その技法が三都に伝播(でんぱ)している。
江戸には腕のいい飾り職人がおり、金銀蒔絵のほかに玉虫色に光る螺鈿(らでん)や彫刻をこらし、技の粋(すい)を競った。
『我衣』には「…早正徳の頃は、下女も鼈甲をさし、ぐるぐる結也」ともあることから、元禄から下ること23年の正徳年間にはかなりべっ甲が広まっていたのだろう。
 とはいえ、当時、べっ甲は舶来*注5の高級品であり、財力のある大名の妻女や丸山・島原・吉原の花魁(おいらん)、豪商のご用達。庶民には高嶺の花であった。
宝暦・文化年間のべっ甲の流行により価格はさらに高騰(こうとう)し、中には百両を超す贅を尽くしたと思しき櫛もあったという。
 1804年〈文化元年〉、江戸から長崎へ赴任した支配勘定方の太田南畝(おおたなんぽ)*注6は、
笄かんざしなど此節市中拂(はらい)ものに出候も、かんざしは二本にて六七百目などいう事にて、けしからぬ事に候
※意訳
この時期、笄やかんざしなどの支払いで長崎市中に出るが、かんざしは二本で600目から700目もする。全く、あまりに高い。
と手紙でこぼしている。
このため、抜け荷や盗みといった犯罪も起きた。
1751年〈宝暦元年〉には、遊女が出島の唐人屋敷からべっ甲の櫛を盗み出している。べっ甲の美しさに魔が差したのか。
髪は女の命というが、この時代のべっ甲は「さす」もので、櫛・かんざし・笄の代名詞にすらなっている。
中でも、女の魔よけとの言い伝えがある櫛は特別だったようだ。
四谷怪談のお岩が髪をすく櫛も母のかたみのべっ甲である。
お岩は体をふるわしながら鉄漿(かね)を付け、それから髪を櫛(す)きにかかったが、櫛を入れるたびに毛が脱(ぬ)けて、其の後から血がたらたらと流れた。
「やや、脱毛(ぬけげ)から滴る生血(なまち)は」
よろよろと起きあがって、「一念貫(とお)さでおくべきか」
南北の東海道四谷怪談 田中貢太郎
 べっ甲は明治*注7に至って、原料の調達すらままならなかった往時と比べると、ようやく身近なものになる。

ファイル江戸時代:べっ甲の歴史年表

*注4 琉球
喜多村信節が著した『嬉遊笑覽』には「琉球の俗常に玳瑁を簪(かんざし)とす。『中山傳信録』(ちゅうざんでんしんろく)に風俗をしるしゝ處(ところ)…」とあり、伝信録の5巻のかんざしのくだりでは「金最貴し。金の頭銀の柱に次ぐ。銀亦之に次ぐ。銅を下と為す。…民家の女玳瑁を以(もって)皆簪(かんざす)」と述べている。
*注5 舶来
原料の供給は出島に入る蘭船や唐船にたよっていた。
当時日本は鎖国しており、輸送手段も発達していなかったため、玳瑁の入手は困難だった。
*注6 太田南畝
南畝は蜀山人(しょくさんじん)の号でも知られる文人で「玳瑁の くしの光や 硝子(びいどろ)を さかさにつるす 燈籠の鬢(びん)」の歌も残している。
*注7 明治
幕末までべっ甲のとり引きは原料をもち渡るばかりだったのが、明治に入ってからは欧米人に洋風の工芸品を売るようになる。
長崎では寄港した軍艦・客船の乗員がみやげに買って行ったという。

前の記事へ次の記事へ

アルファポリスのバナー

▲このページのトップに戻る