RSSRSS 携帯ケイタイに送る プリンタ印刷する

ホームHOMEへ

◇粋の系譜 魅惑のべっ甲―日本べっ甲史― Part1

●べっ甲の由来

 べっ甲を漢字で表すと、鼈甲。鼈(べつ)とはすっぽんのことだが、べっ甲の原料はすっぽんの甲羅ではなく、玳瑁(たいまい)*注1という熱帯のさんご礁にすむ亀である。
それならば、何故、「鼈甲」と呼ぶようになったのか。
長崎には、江戸時代に福の神のような霊力をそなえたすっぽんの姿を、ご禁制の玳瑁ではなくすっぽんの甲羅で彫刻して江戸の姫君に献上したという民話がある。
また、喜田川守貞は『守貞謾稿』の中で、
余が所聞何の年歟(か)、官命にて玳瑁の櫛笄を禁止す。其後奸商(かんしょう)が玳瑁と云ず鼈甲と名付けて販(ひさぐ)之。
今世の人は鼈と云を本名と思ふ人多り、又官にても往々高價鼈甲を禁ず事あり。鼈は土鼈(どべつ)にて乃(すなわ)ち俗に云すっぽん也。
玳瑁は珍宝の其一也。夫(それ)を奸商すっぽんに矯けて賣之んなり。
※意訳
私が聞いた話では、いつのことだったか、お上が玳瑁の櫛・笄を禁止した。
その後、ずる賢い商人が玳瑁とは言わずにべっ甲と名づけて、販売した。
今は鼈を本名だと思う人が多く、お上もよく高いべっ甲を禁ずるが、鼈というのは俗にいうすっぽんである。
玳瑁は珍宝の一つで、商人がすっぽんと偽って売ったのだ。
と述べている。
この守貞の指摘が今は定説となっているようだ。

●日本最古のべっ甲

 有史以来、日本人と亀甲の関わりといえば、まず占いの亀卜(きぼく)を思い起こすが、これは「和甲」(わこう)と称するアオウミガメの甲羅でタイマイではない。
 「日出(い)づる処の天子(てんし)、書を日没する処の天子に致す…」ではじまる国書を携え、小野妹子が海を越えた翌年の608年、隋の皇帝が贈った答礼品にべっ甲があり、日本に初めてべっ甲が伝来したとの説がある。
大日本人皇三十四代、推古天皇十五歳〈本朝女帝の始也〉聖徳皇太子攝政(せっしょう)の時、小野妹子臣を於隋の煬帝に遣、玳瑁を持渡。
玳瑁亀圖説・金子直吉
※意訳
日本国の皇統34代にして初の女帝・推古天皇の在位15年目、聖徳太子が摂政の時に、小野妹子が隋へ赴き、べっ甲が渡来した。
続いて、この玳瑁は「うちわ」で、聖徳太子ゆかりの広隆寺に収蔵すると記している。
 奈良時代、聖武(しょうむ)天皇の御代(みよ)になると、遣唐使の出帆(しゅっぱん)や高名な僧侶の来朝が相次ぎ、大陸との往来が増えた。
正倉院に現存するべっ甲製の楽器*注2・如意〈儀式用の杖〉等の仏具・調度品は、ほぼこの時代の献上品との分析がある。
『螺鈿紫檀五絃琵琶』
『螺鈿紫檀琵琶』
法隆寺にも『玳瑁張経台』が伝わっており、こうした玳瑁張りの仏具と仏教の伝来は、大陸から日本に到る時期や経路が重なることから、つながっているといえよう。
 840年〈承和七年〉成立の『日本後紀』には「勅、玳瑁帯者。先聴三位已上著用」とあり、高官の腰帯*注3に玳瑁を装着していたことが窺える。
また、天神さまで知られる菅原道真(すがわらみちざね)の愛用品にも、象牙にべっ甲の飾りをはめ込んだ挿(さ)し櫛『玳瑁装牙櫛』がある。
王朝貴族の時代、玳瑁はその字の玉へんが示すとおり、まさしく希少な宝ものだった。
*注1 玳瑁
http://www.ne.jp/asahi/sphere/1/Gallery/TU/tu002.html
爬虫網‐無弓亜網‐カメ目‐潜頸亜目‐ウミガメ科‐タイマイ属
学名 :Eretmochelys imbricata
英名 :Hawksbill turtle
主に海綿・海藻・貝を食べ、熱帯のさんご礁に生息する。
全長50cmから150cmほど。
背中の甲羅は暗褐色と黄色のまだらで、13枚の鱗板(りんばん)が重なり合っている。
背甲を囲う小さな縁の甲は「爪甲」という高級品。お腹にも乳白色から淡黄色の薄い甲羅がある。
*注2 楽器
『螺鈿紫檀五絃琵琶』は聖武天皇のきさき、光明皇后の遺品という。
琵琶は4弦のものが多く、5弦の琵琶は珍しい。正倉院に現存する楽器は楽譜とともに伝わったと考えられる。
宮内庁楽部の箏(そう)いわゆるお琴の龍頭龍尾にもべっ甲が使用されているとのこと。
琴の爪・三味線のばちにも見られるように、べっ甲と楽器はなじみが深い。
*注3 腰帯
石の飾りがついた革製の帯を指す。石帯(せきたい)ともいう。
平安時代の貴人が着用した。官位に応じて使える石が決まっており、『延喜式』〈延喜五年より編纂〉は「…玳瑁(たいまい)瑪瑙(めのう)斑犀(はんさい)象牙(ぞうげ)沙魚皮(さめかわ)紫檀(したん)五位已上通用」としている。

前の記事へ次の記事へ

アルファポリスのバナー

▲このページのトップに戻る